新入社員を即戦力にする

講義

研修を専門会社に依頼

多くの新入社員は、社会人未経験で入社してきます。学生時代にアルバイトの経験があっても、正社員となると、仕事の質や責任の重さも違ってきます。新入社員研修で、ビジネスマナーや基本業務などのスキルを習得し、会社の即戦力となる人材を育てましょう。新入社員研修には、期間や形式など様々あります。業務は行わず研修するOff-JT(Off the Job Training)と、業務をしながら実践を通して研修するOJT(On the Job Training)があります。研修の期間は企業によって異なりますが、多くの企業が約1ヶ月程度です。企業や職種によって様々で、1日や数日、3から4ヶ月、半年かかるところもあります。形態も様々あり、座学、グループワーク、ロールプレイ、合宿などがあります。座学は、講師の話を座って聞くスタイルの研修です。グループワークは、いくつかのグループに分けて、課題に取り組みさせる研修です。ロールプレイは、電話対応や名刺交換などを想定し、新入社員がそれぞれの役割を演じてシミュレーションする研修です。合宿は、泊まりがけで行う研修で、研修内容や期間は企業によって異なります。新入社員研修は、自社の社員が行うことが多いですが、外部に研修を依頼する方法もあります。研修会社は多数あり、プログラムも様々です。基本的なビジネスマナーや仕事の進め方、コミュニケーション、ビジネス文章やパソコンなどの研修があります。社内へ講師を派遣したり、公開講座や、eラーニングなど受講方法も様々で、自社の希望に合ったプログラムや受講方法を選べます。銀行向けやIT系などの、それぞれに特化したプログラムがある会社もあります。新入社員研修後の離職防止のためのフォロー研修もあるので、活用してみましょう。

Copyright© 2018 社員研修なら専門会社に頼むべし【メリットを要チェック】 All Rights Reserved.